礼服と喪服の違いは?種類や男性と女性の違いを解説

  • twitter
  • facebook
  • line
礼服と喪服の違いは?種類や男性と女性の違いを解説

礼服と喪服の違いをご存じですか?礼服と喪服を兼用してもよいものなのでしょうか。葬儀の主催者や故人のご家族、周りの方に失礼のないように違いをきちんと把握しておくことは、大人としてのマナーです。そこで今回は礼服と喪服の違いを詳しく解説致します。

礼服と喪服の違い

礼服とは

礼服とは、冠婚葬祭の儀式典礼の際に用いる服装の事で、フォーマルウェアと言われています。

儀式の軽重、公私の別、着用者の身分や階級により多くの種類があります。

格式によって正礼装、準礼装、略礼装(平服)と区別されます。

西洋式では昼か夜かによって服装も異なります。

着用している様を「礼装」と呼びます。

喪服とは

喪服とは、死者を弔い哀悼を表すために着る礼服の事で、亡くなった方の近親者が喪である期間に着用する衣服の事です。

本来は近親者に限られた着用でしたが、今は一般的には近親者だけでなく葬儀や法事などに参加する際に着用する礼服を指します。

礼服と喪服の種類

礼服の種類

まずは礼服の種類を解説します。

礼服は主に、正礼服、準礼服、略礼服の3種類に分類されます。

正礼服

礼服の中で最も格式の高いものです。

結婚式の場では、新郎新婦やその両親、媒酌人や仲人、主賓が着用します。

正礼服は、昼間用と夜間用でいくつかの種類があり、小物に関しても細かな決まり事があります。

準礼服

セミフォーマルとも呼ばれ、結婚式では主賓や乾杯・スピーチをする人、新郎新婦の親族が着用します。

時間帯によって着用できる服装が異なります。

新郎新婦とその両親、媒酌人などよりも格が上にならないよう配慮しましょう。

略礼服

平服とも言います。

一般の列席者(同僚、友人など)が着用し、時間帯による区別はありません。

男性は、濃紺やチャコールグレーなど黒以外のダークスーツ、女性は形式ばらないフォーマルなドレスを着用します。

喪服の種類

正喪服

葬儀で遺族や親族が着用するものです。

一周忌までは正喪服を着用するといわれています。

準喪服

葬儀で一般弔問客が着用し、また三回忌以降の法要で親族が着用するものです。

喪服と言われる場合の多くは準喪服を指しています。

略喪服

通夜で一般弔問客が着用する黒、濃紺、濃いグレーなどの地味な服のことです。

喪主が平服を指定した場合や葬儀後の弔問などの際に、略喪服を着用しましょう。

スーツとの違い

まず、礼服の黒と、スーツの黒では色が違います

黒色が濃い程高級と言われています。

全員が黒い喪服・礼服を着ている中で、普通のスーツの黒はグレーがかって見え、色の薄さが目立ちます。

次にスーツと礼服が異なる点として生地の質が挙げられます。

礼服は上質なウールが使用されていますが、ビジネススーツはポリエステルなどの合成繊維が使用されているため少し光沢がでます。

また、ベントの有無が異なります。

ベントとは、スーツのジャケットの裾に入った切れ込みのことです。

これは、動きやすいようにする目的があります。

しかし、礼服にはベントがなく、ノーベントと言われています。

メンズとレディースの違い

メンズの場合

礼服の場合

メンズの正礼服、準礼服は女性の礼服と大きく異なるものがあります。

正礼服

昼用、夜用のいくつか種類があり、午後5~6時を境に区別します。

以下が昼用と夜用に分けられた主なメンズの正礼服一覧です。

  • モーニングコート 昼間用の正礼服です。
    前から後ろが長くなるように裾を斜めに切った上着が特徴です。
    黒の上着とベスト、ストライプ柄のグレーのスラックス、白無地のシャツにストライプのネクタイと革靴が一般的です。
  • 燕尾服 夜間用の正礼服です。
    ドレスコードが「ホワイトタイ」の場合は燕尾服を着用します。
    上着とスラックス、靴を黒に、それ以外を白でまとめるのが基本です。
    靴は光沢のあるエナメル素材が一般的です。
  • タキシード 夜間用の正礼服です。
    基本スタイルは、黒の上着とスラックス、カマーバンド、白のシャツ、靴はエナメルが基本です。
    ドレスコードが「ブラックタイ(黒の蝶ネクタイ)」のときに着用します。
準礼服

準礼服も、礼服同様に昼用と夜用が分けられています。

以下は主なメンズの準礼服です。

  • ディレクターズスーツ 昼間用の準礼服です。
    黒やダークグレーの上着とベスト、グレー地のストライプ柄スラックスに、白のシャツとチーフ、ネクタイ、革靴を合わせたスタイルです。
  • タキシード 夜間用の準礼服です。
    基本スタイルは正礼服の場合と同様で、黒の上着とスラックス、ブラックタイ、カマーバンド、白のシャツ、靴はエナメルが基本です。
  • ブラックスーツ 昼夜を問わず着用できる準礼服です。
    基本的にブラックスーツは略礼服にあたりますが、日本ではブラックスーツも準礼服の1つとされています。
    黒いジャケットとスラックスで、シングルのスーツの場合は、ベスト着用が基本です。

喪服の場合

喪服は通夜と葬儀・告別式で着用するものが異なるので、注意しましょう。

ここでは、それぞれに分けて解説します。

通夜

以下は通夜の場合に着用する喪服です。

立場に合わせて選びましょう。

  • 遺族や親族の場合 準喪服のブラックスーツ、または略喪服(ダークスーツ)
  • 一般弔問客の場合 準喪服のブラックスーツ、または略喪服(ダークスーツ)、濃紺や濃いグレーの地味な服
葬儀・告別式

以下は葬儀・告別式の場合に着用する喪服です。

立場に合わせて選びましょう。

  • 族や親族の場合 正喪服(モーニング)、または準喪服(ブラックスーツ)
  • 一般弔問客の場合 準喪服(ブラックスーツ)、または略喪服(ダークスーツ)

ネクタイはどうすればよいか

礼服の場合と、喪服の場合のネクタイは異なります。

葬儀に参列し、喪服を着る際は、黒いネクタイで黒無地がベストです。

刺繍等が入っているもの、光沢のある素材は避けましょう。

お通夜の場合は地味なネクタイであれば構いません。

レディースの場合

礼服の場合

女性の場合の礼服も、時間帯によってルールがあります。

正礼服、準礼服それぞれについて解説します。

正礼服

女性の正礼服にも種類があります。

以下は女性の主な正礼服の一覧です。

  • アフタヌーンドレス 昼間用
    くるぶしまで、丈は長いほど格式が高くなります。
    膝が隠れ肌の露出や光沢は控える。
    靴は布か革製、アクセサリーは真珠が一般的です。
  • イブニングドレス 夜間用
    床に着くくらいのドレスで、夜間は多少の肌の露出や光沢のある素材が許されます。
    靴はエナメル素材、アクセサリーもダイヤモンドなど石の付いたものもOKです。
  • 留袖 既婚女性の和装では最も格の高い着物です。
    新郎新婦の母や媒酌人は五つ紋入りの黒留袖、主賓は紋入りの色留袖を着用します。
    時間帯関係なく着用できます。
  • 振袖 未婚女性の和装の正礼装です。
準礼服

続いて、女性の準礼服の一覧です。

  • セミアフタヌーンドレス 昼間用
    アフタヌーンドレスの膝が隠れる丈のドレスです。
  • カクテルドレス 夜間用
    カクテルドレスはイブニングドレスの簡略化したものでワインピースが主流です。
  • 訪問着 時間帯や既婚・未婚に関係なく着ることができます。

喪服の場合

喪服の場合は時間帯ではなく、どこに着ていくかや、自分の立場によってマナーが決められています。

  • 正喪服 葬儀で遺族や親族が着用するものです。
    代表的なものとして、黒無地スーツ、ワンピース、アンサンブルが挙げられます。
    肌の露出は極力抑えるようにしましょう。
    夏場も長袖が正式ですが、7分袖や半袖でも良しとされています。
    スカートの丈は膝下で、ストッキングは黒にしましょう。
    タイツはカジュアルと見なされますが、気候と体調により無理をしないようにします。
  • 準喪服 一般弔問や法要などで着用します。
    黒無地のワンピース、スーツ、アンサンブルで、正喪服よりは自由の幅があり、夏場は半袖でも良しとされています。
  • 略喪服 一般弔問や通夜で着用します。
    黒、濃紺、濃いグレーなどの地味なワンピース、スーツ、アンサンブルなどです。

アウターは何を着ればよいのか

礼服の場合

華やかな色合いでもよいのですが、フォーマルな装いに近いコートを選びます。

春先のスプリングコートは明るい色を選びます。

冬のコートはウール、カシミア、トレンチコートタイプのロング丈でしたら、日常でも使えるのでよいでしょう。

素材が皮製品、毛皮、ダウンのものは避けるべきです。

皮製品や毛皮は礼服の場でも、喪服の場でも動物殺傷のイメージがあり、よい印象を与えません。

ダウンも羽毛ですし、カジュアルなものとされています。

ただし、気候や健康状態にもよりダウンコートを着たい場合は着ても許されるでしょう。

喪服の場合

冬場の通夜から葬儀には、コートは必需品です。

黒、濃紺、濃いグレーの地味な色のコート(できれば膝丈)を普段から持っていると安心です。

毛皮、皮製品、ダウンジャケットは避け、ウールやカシミア、トレンチコートなどの素材を選びましょう。

また、黒無地のショールがあると肩にかけたり、膝かけとなったりするため重宝します。

礼服と喪服の兼用はできるのか

喪服と礼服は兼用できるか

喪服は礼服の中に含まれます

冠婚葬祭として兼用できても、喪服を結婚式などの慶事に兼用することはできない、というのが本来の意味から考えられます。

ただ、略礼服ならば兼用しても良しともされています。

入学式や卒業式の場合は兼用してもよいのか

喪服や略礼服を、入学式や卒園式・卒業式に着ていってもよいのでしょうか?

喪服は礼服の中の弔辞用の服です。

結婚式と同様、おめでたい式に着ていくのは控えたほうがよいでしょう。

卒園式・卒業式

礼服を喪服として使用している場合は構いませんが、喪服の着用は避けたいものです。

ただし、どうしてもという場合はコサージュやネックレスでアレンジしましょう。

入学式

日本では4月で季節的なこともあり、明るいスーツやワンピースの方が多くみられます。

中には濃紺や黒という方もいたり、卒業式と入学式を同じ服で済ませる方もいます。

そのような場合はコサージュやネックレスなどで、明るいイメージにすることが大切です。

バッグや靴も明るめのベージュなどにするとよいでしょう。

まとめ

本記事では礼服と喪服の違いについて以下の項目を解説してきました。

  • 礼服とは冠婚葬祭の儀式典礼の際に用いる服装であり、喪服とは死者を弔い哀悼を表すために着る礼服の一つである
  • 礼服は正礼服、準礼服、略礼服に分類でき、喪服は、正喪服、準喪服、略喪服に分類できる
  • スーツと礼服は、色や素材、ベントの有無で見分けられる
  • 通夜では、遺族は準喪服のブラックスーツ、または略喪服(ダークスーツ)を着るとよい
  • 通夜では、一般弔問客は準喪服のブラックスーツ、または略喪服のダークスーツ、濃紺や濃いグレーの地味な服を着るとよい
  • 葬儀・告別式では、遺族は正喪服(モーニング)、または準喪服(ブラックスーツ)を着用するとよい
  • 葬儀・告別式では、参列者は準喪服のブラックスーツ、または略喪服のダークスーツを着用するとよい
  • 一般弔問や法要における女性の服装は準喪服であり、一般弔問や通夜における女性の服装は略喪服が一般的である
  • 礼服のアウターは革製品や毛皮、ダウンを避けたフォーマルな装いに近いコートがよい
  • 喪服のアウターは毛皮、皮製品、ダウンジャケットを避けた地味な色のコートがよい
  • 基本的に葬儀に着ていく服を結婚式に着ていくことはしないが、略礼服ならば、兼用してもよい

立場に合った服装をすることは、相手に敬意や思いやりを示す表現となります。

マナーにそぐわない服装は時として取り返しのつかない非礼であったり、その場を台無しにしてしまうことさえあります。

皆さんも、ぜひマナーを守って気持ちのよい結婚式やお葬式を行えるようにしましょう。

このカテゴリーの関連記事

すべての記事カテゴリー