香典をパート一同で包む場合のマナーは? 金額相場や書きかたをご紹介!

  • twitter
  • facebook
  • line
香典をパート一同で包む場合のマナーは? 金額相場や書きかたをご紹介!

身近な方に不幸があれば香典を包みます。職場の同僚であれば一同で香典を包みますが、パート先の場合はどのように対応すればよいでしょうか。今回、パート先の一同で香典包む場合の香典相場や、香典袋の書きかたのマナー、香典返しについて詳しく説明をします。

パート一同で香典を包んでもよいのか

親族や友人だけでなく、職場の同僚・上司・部下や、場合によってはその親族の方にも有志で香典を包むケースもありますね。

職場といっても、パート先の場合も同じように対応するべきでしょうか。

結論から申し上げると、パート一同で香典を包むことに何の問題もありません

故人が同じパート先の同僚の場合はもちろん、社員の方であっても仕事上お世話になっていた方であれば、やはりお悔やみの気持ちを伝えるべきでしょう。

注意しておきたいのは、職場ですから周囲の方とよく相談して足並みを合わせることだけは忘れないようにしましょう。

パート一同で香典を包む場合のマナー

香典を包む際に一番頭を悩ますのは金額でしょう。

香典は一般的には、故人との関係性と自分の年代で大体の相場が決まっています。

親族の中でも3親等より2親等、1親等と近くなるほど香典相場は高くなり、友人・知人、職場関係などは比較的安い傾向になります。

職場関係の中でも、亡くなったのが本人なのか、親族なのかによっても違ってきます。

特に職場の場合は、有志でまとめて包むことも多いので、周囲と足並みを合わせることが大切です。

特別お世話になったからといって、一人だけ高額を包むのは香典返しの際などに、却って遺族に迷惑をかけてしまうことになります。

どうしても包みたい場合などは、有志ではなく個人で包むことを検討しましょう。

ここでは、パート一同で包む場合の相場について説明します。

金額相場

有志の包む場合の香典相場は、1,000円から3,000円が相場です。

3,000円から5,000円を超えてくる場合は、個人で包む場合が多いからです。

亡くなった方の立場ごとの金額相場

香典には相場がありますが、いくら包むかの具体的な金額は、故人との関係性によって決めましょう

「パート一同」のように有志で包む場合は、通常金額が決まっていることが多いです。

取りまとめをする立場の場合は、相場を目安に故人との関係性を考えて決めましょう。

  • パートの同僚本人が亡くなった場合 亡くなったのがこれまで一緒に仕事をしていた同僚の場合は、3,000円程度が目安になります。
    職場の仲間であれば、故人とも面識はあるでしょうし生前お世話になったことも多いはずです。
    香典は、代表の方がお通夜か葬儀に参列して渡します。
  • パートの同僚の両親・親族が亡くなった場合 亡くなったのが同僚の両親や親族の場合、故人と直接面識がない場合もあるでしょう。
    香典には、故人を偲ぶ目的の他に、遺族を慰める目的もあります。
    故人とは直接面識のない場合でも、両親や親族を亡くして落ち込んでいる同僚を元気づける意味でも香典を包む場合があります。
    この場合の香典相場は、1,000円~3,000円程度が目安です。
    一般的には、亡くなったのが同僚の親などの1親等以内の親族の場合に香典を包みます。
  • 社員が亡くなった場合 パート先の社員がなくなった場合の相場は、1,000円~3,000円程度です。
    この場合に注意したいのは、職場の他のメンバーと足並みを合わせることです。
    課や部単位で包み場合は、社員やパートも関係なく包む場合もあるでしょうし、完全に有志で包む場合もあるでしょう。
    社内の他のメンバーがどう対応するのかを確認して、過度に包みすぎたりしないようにします。
    香典返しをする遺族が困らないことを第一に考えます。

注意点

香典には、金額や数字に関して独特のマナーがあります

例えば、お札に関する事であれば、結婚式のように新札を包むのはマナー違反になります。

これは、不幸を予想して準備していたということを意味するためです。

ですから新札しかない場合は、あえて折り目をつけて包むのがよいとされています。

香典の金額に関する注意点を説明します。

  • 端数は揃えるべきか パート一同のように有志で香典を包む場合は、合計金額を端数のないキリのよい数字になるようにしましょう。
    また、4や9の数字は死や苦しみを連想する忌み言葉として、弔事ではタブーとされていますのでこういった数字にならないように配慮しましょう。
  • 香典の金額・お札の枚数のマナー 香典の金額には、偶数はタブーとされています。
    偶数は「割り切れる」数字であり、切れるという単語が忌み言葉として敬遠されます。
    同じように、お札の枚数も奇数にします。

集めかた

有志で香典を包む場合、多数の人から香典を集める必要があります。

少ない日数で効率よく集めるためには、期限を区切って連絡することが大切です。

ここでは、香典の集めかたについて説明をします。

パート全員で包む場合

パート全員から集める場合は、全体の金額が4や9にならないように注意しながら一人当たりの金額を決めます

香典の場合は、訃報からお通夜や葬儀まで日数が少ないことがほとんどです。

パートの場合は、毎日出社しない方もいるでしょうから、全員にできるだけ早く周知徹底することを心がけましょう。

社内のメールや場合によっては、SNSなどを活用するのもよいでしょう。

連絡する際には、「○月○日までに、○○さんまで現金で」というように具体的に伝えることが大切です。

有志を募る場合

全員ではなく、有志を募って香典を包む場合もあるでしょう。

有志で包む場合は、まずその旨を全員に連絡し、賛同を依頼する必要があります

ツールとしては、職場であればメールが便利でしょう。

  • 賛同をお願いするメールを送る パート全員に有志での香典を募ることを伝えるのであれば、社内メールなどが便利です。

    この際、件名には「○○様葬儀へ有志で香典を包む件」などのように、件名だけで内容が分かるようにします。

    本文も時候のあいさつなどは不要で、簡潔にすることを心がけましょう。
  • 例文 賛同をお願いするメールの例文をご紹介します。

○○様の葬儀に際して、パート社員の有志にて香典を渡します。

賛同いただける方は、○月○日帰社時までにメール返信にて連絡お願いします。

金額は、一人当たり○○円を予定しています。

賛同いただいた方は、香典袋に名前を記載させていただきます。

いつまでに、どのように回答をほしいのかをしっかりと伝えましょう。

書きかた

香典袋の書きかたにも、様々なマナーがあります。

有志で包む場合には、表書きの名前の書きかたにも注意が必要です。

名前

香典袋の表書きの下には、名前を書きます

個人で包む場合には、名前をフルネームで記載しますが、連名で包む場合は「○○会社 一同」のようにまとめて記載します。

  • パート全員で包む場合 パート全員で包む場合は、「○○株式会社 パート一同」と記載します。
    全員で包む場合は、有志ではなく一同と記載するのが一般的です。
    包む側の人数が3名までの場合は、それぞれの名前を書きますが4名以上の場合は「一同」のようにまとめて記載します。
  • パート内の有志一同で包む場合 有志で包む場合は、「○○株式会社 有志」と記載します。
    「有志一同」という書きかたは、同じような意味が重なっているので正しくありません。

表書き

香典袋の表書きは、宗教や宗派によって書きかたが変わります

仏教であれば御霊前が一般的ですが、四十九日を過ぎると御仏前とします。

また浄土真宗の場合のみ、葬儀のタイミングから御仏前と書くのがマナーです。

中袋

香典袋の中袋にもマナーがあります。

特に、有志で包む場合には、別紙などで誰が香典を包んだかを明確にわかるようにしておきましょう

遺族が香典を記録する際、分かりやすくする為の心遣いです。

パート一同から香典を頂いた場合の香典返し

香典を頂いた場合、半額程度の品物を香典返しとしてお礼状を添えてお返しするのがマナーです。

原則としては、「パート一同」のように有志で頂いた場合も香典返しが必要です。

例外として、相手側から香典返しの辞退があった場合は不要です。

有志で頂いた場合、お返しする人数が多数になってしまう場合もあります。

有志の場合は一人当たりの金額も少額である事が多いので、全員にお返しをするのはとても手間がかかる場合もあります。

職場などの場合では、皆で食べられるようなお菓子などを送ってもよいでしょう。

まとめ

本記事では、パート一同で香典を包む場合について下記の内容を中心に説明してきました。

  • パート一同で香典を包んでも問題ない
  • パート一同で香典を包む場合の香典相場は1,000円~3,000円程度である
  • 有志で香典を頂いた場合も、原則は香典返しが必要である

パート先であっても、お世話になっている同僚や同僚の親族に不幸があれば、香典を包んでお悔みの気持ちを伝えることが大切です。

このカテゴリーの関連記事

すべての記事カテゴリー