キリスト教葬儀に弔電を送ってもいい? 弔電マナーや例文や台紙も解説

  • twitter
  • facebook
  • line
キリスト教葬儀に弔電を送ってもいい? 弔電マナーや例文や台紙も解説

葬儀と聞くと多くの方が仏式をイメージしますが、実はキリスト教式の葬儀も件数は少ないものの行われています。キリスト教式の葬儀に出席できない場合、弔電を送ってもよいのでしょうか。今回はキリスト教の葬儀での弔電について詳しく解説します。

キリスト教の葬儀と弔電について

キリスト教の葬儀は、基本的にその教会に所属する教会員のために開かれることが多いです。

ただし、キリスト教では故人の死は悲しむべきものではなく、永遠の命を得て天国で生まれ変わるということからむしろ喜ぶべきものとされています。

葬儀の大まかな流れとしては讃美歌(聖歌)の斉唱や祈り、牧師(神父)の説教が主です。

そして最後に参列者一同で献花などが行われます。

結論から言うと、キリスト教の葬儀であっても弔電を送ることは問題ありません。

弔電とは、あくまでも葬儀に参列できない方が文面を送ることで故人の死を悼む手段であるためです。

ただし、キリスト教の考えかたに基づいたマナーを踏まえて弔電を作成する必要があります。

キリスト教の弔電マナー

お悔やみの言葉は述べない

キリスト教の葬儀に弔電を送る場合にまず気を付けなければいけないのは、お悔やみの言葉は述べないことです。

キリスト教では人の死は不幸ではなく、むしろ天国で永遠の命を得て生まれ変わる喜ばしいこととされています。

そのため、お悔やみの言葉は必要ないのです。

死を嘆くような文面やネガティブなことを書くのはかえって失礼に当たります。

仏教用語は使わない

また、キリスト教は死に関して仏教とは考え方が全く違うことから、仏式の葬儀でよく使われるような成仏、お悔やみ、冥福などの仏教用語は使わないようにします。

より詳しくは下のリストに挙げてありますので、ぜひご参照ください。

  • 供養
  • 成仏
  • お悔やみ
  • ご愁傷様
  • 浄土
  • 冥福

宗派によって使う言葉が違う

キリスト教には大きく分けてカトリックとプロテスタントという宗派がありますが、同じキリスト教でも宗派によって使う言葉が違うという点も気を付けるべき点です。

例えば「死」については、カトリックでは「昇天」、プロテスタントでは「召天」といいます。

ほかにも聖職者については、カトリックの場合は「神父」、プロテスタントの場合は「牧師」といい、礼拝中の歌はカトリックでは「聖歌」と呼ばれ、プロテスタントでは「讃美歌」と呼ばれます。

キリスト教の弔電の例文

ここまでキリスト教における弔電を送る際のマナーについて見てきましたが、ここでは以上のマナーを踏まえた、キリスト教の弔電の例文をご紹介しておきます。

ぜひとも実際にキリスト教の葬儀に弔電を送る際の参考としていただければ幸いです。

「永遠の父なる神様の御許に召された○○様が天国にて安らかな平安を得られますことを心よりお祈り申し上げます」

「○○様と出会えたことを感謝するとともに、○○様にとって希望に満ちた旅立ちであることをお祈り申し上げます」

キリスト教の弔電の台紙の選びかた

まず気を付けるべき点として絵柄のデザインが挙げられます。

絵柄に決まりがあるのです。

仏式のものの場合、蓮の花が描かれているものが多いですが、キリスト教の場合は洋風で、かつシンプルな絵柄のものを選ぶことが大切です。

また、十字架の絵柄があるものもキリスト教式専用に使うことができますので、選んでもよいでしょう。

まとめ

本記事ではキリスト教の弔電について、さまざま紹介してきました。

今回の内容をまとめますと、以下のようになります。

  • キリスト教の葬儀は基本的に教会員のために行われるもので、その方の死を悼むためではなく天国で永遠の命を得て復活することを喜ぶためのひとときとされている
  • キリスト教の葬儀に対しても弔電を送ることはできる
  • キリスト教の葬儀に弔電を送るときのマナーとして、お悔やみの言葉を使わないことや仏教用語を使わないこと、カトリックとプロテスタントでの言葉の違いを意識することが挙げられる
  • キリスト教の弔電の例文のポイントとして、故人の平安を祈ったり、故人との出会いに感謝したりする気持ちを前面に出して作成するのがコツといえる
  • キリスト教の弔電の台紙として絵柄はシンプルなものや十字架が描かれたものを使うのが一般的である

キリスト教では人の死を天国で永遠の命を得て生まれ変わる喜ばしいこととしてとらえます。

このため、キリスト教の葬儀に対する弔電の文面もお悔やみの言葉ではなく、故人との出会いへの感謝や故人の平安を祈る気持ちを出して書くとよいでしょう。

このカテゴリーの関連記事

すべての記事カテゴリー