お墓の永代使用料って何?永代供養料との違いについても解説します

  • twitter
  • facebook
  • line
お墓の永代使用料って何?永代供養料との違いについても解説します

終活の際に気になるのがお墓に関する費用だと思います。お墓を買う際のお金として、「永代使用料」という料金があります。しかし、永代供養料とどう違うのか、相場はどうなっているのかわかりにくいものです。そこで今回は、永代使用料が決まるしくみについて解説します。

お墓の永代使用料とは

永代使用料とは、お墓を建てる場所の使用料です。

永代使用料を払うことで、その土地をお墓のために永代に渡って使用し続けることができます。

これを永代使用権などといいます。

しかし、永代使用料を払っているからといって土地を購入しているというわけではありません。

永代使用料はその土地の「使用権」を購入している、つまり土地を借りている状態になります。

後ほど説明しますが、土地を購入しているのではなく、土地の権利を購入しているということに注意してください。

そして、永代使用権は1度取得したあとに返還することになっても永代使用料の返還がない、と規則にある場合があります。

また、永代使用権の又貸し、譲渡や転売は行えません。

永代供養料・管理費との違い

では、永代使用料とよく似た響きの永代供養料、そして管理費はどのように違い、何に対する料金なのでしょうか。

ここではわかりやすく永代供養料・管理費との違いを説明します。

永代供養料

永代供養料とは、寺院や霊園にご遺骨を預けて代わりに供養してもらう際に必要な料金です。

永代使用料が土地の使用権を購入する費用であるのに対して、こちらは寺院や霊園に代わりに供養してもらうための依頼料です。

お墓を建てたあとにそのお墓の状態を維持するのが困難な場合や宗教的な理由によって、寺院や霊園に供養してもらう形の場合はこちらの永代供養料を支払うことになります。

永代供養の場合は、寺院や霊園ごとに定められた期間お祀りしてから他のご家族のご遺骨と一緒に合同墓などに合祀されます。

期間は17回忌、33回忌、50回忌の3つのパターンが多いです。

管理費

管理費は、寺院、霊園の管理や修繕に使用されるお金です。

参道やその他の施設、水回りなどのメンテナンスに使用され、個々のお墓に対して使用されるものではありません。

例えるならマンションなどで共有部分に対する管理費が必要なのと同じです。

また、永代使用料はお墓の購入時にのみ発生しますが、管理費は数ヶ月ごとに発生します。

お墓の永代使用料はどうやって決まる?

お墓の永代使用料の相場は幅が大きく、場所や規模によって費用が異なります。

また、地域や寺院、霊園を運営する団体によっても大きく差があります。

ここからはお墓の永代使用料がどのような要素で決定されるのかを説明します。

永代使用料が決まる要因

墓地・霊園の場所

まず、墓地・霊園の場所が考えられます。

墓地・霊園の立地が、交通の便がよい場所であったり、人口密集地の近くなど、条件がよい都市部になると永代使用料の相場は高くなります。

また、お墓の区画の場所自体も料金に影響します。

特に角地や参道から近くにある場所は永代使用料も高くなります。

日当たりや地面の水はけなどによっても使用料に差をつけている墓地もあります。

墓地・霊園の規模や設備

二つ目のポイントは墓地・霊園の規模や設備です。

墓地・霊園の設備として駐車場や休憩所を完備しているかどうか、葬儀会場の施設があるかどうかなど、設備の有無によって料金に差が生じます。

さらには設備の規模自体も料金に影響します。

お墓の占有面積

お墓の占有面積によっても料金に差が出ます。

お墓の占有面積は大きければ大きいほど使用料は高くなります。

公営であるか、民営であるか

最後四つ目に、墓地・霊園の運営が公営か、民営かということが要因として挙げられます。

墓地や霊園には、公営のものと民営のものがあり、基本的には、住民に対しての行政サービスとして運営される公営墓地のほうが使用料は安くなります

しかし、地域によっては民営の霊園などでも公営と同じくらいの料金で使用権を取得できる場合もあるので確認してみるのがよいでしょう。

お墓の永代使用権の相続について

永代使用権を保有していた方が亡くなった場合その権利はどうなるのでしょうか。

お墓の永代使用権の相続について、永代使用権の期限も併せて説明します。

相続はどうすればよいのか

永代使用権の相続はどうするのか、という漠然とした疑問をお持ちの方は多いと思います。

まず、お墓の永代使用権を相続する場合、相続税がかかることはありません。

これは、永代使用権が法律上、「帰属による一身専属権」であるためです。

帰属による一身専属権とは、その人の帰属する団体や組織によってその人のみが行使することができる権利です。

永代使用権の場合は、使用権の購入者が寺院や霊園から権利のみを承認されているため、土地や財産を所有しているとは見なされません。

そのため相続税が課されることもありません。

相続に際しては、お墓の相続者に対して永代使用権も継承されることになります。

永代使用権に期限はあるのか

では、永代使用権の期限というものはあるのでしょうか。

永代使用権は基本的にはその名の通り期限はありません

しかし、管理費の支払いを怠り続けた場合や、権利者と連絡が取れず長い間放置されている、と判断された場合、永代使用権を剥奪されることがあります。

これは先述した通り、土地そのものではなく使用権を購入しているにすぎないためです。

また、寺院や霊園の管理規則に反した場合も権利を取り消される場合があります。

もし永代使用権を取り消されたとしても、多くの場合は返金などは行われません。

権利の取り消しが行われたお墓は無縁墓として処分されてしまうので、お墓の購入や相続の際にはしっかりとその墓地の管理規則などをよく調べるようにしましょう。

本記事の内容をまとめると、以下の通りです。

  • 永代使用料とはお墓を建てる場所の使用料である
  • 永代供養料とは寺院や霊園に御遺骨を預けて代わりに供養してもらう際に必要な料金である
  • 管理費は寺院、霊園の管理や修繕に使用される
  • 永代使用料が決まる要因として、墓地・霊園の立地、設備の充実度、お墓の占有面積、公営か民営か、という四つが主に挙げられる
  • 永代使用権に期限はなく、お墓の相続者に継承される

お墓の建立費用には様々なものがあり、なおかつ普段触れることが少ない方も多いかと思います。

そのような場合、相場や相続についての疑問を少しでも少なくするために、実際に寺院や霊園などにご相談をされるのもよいでしょう。

このカテゴリーの関連記事

すべての記事カテゴリー