寺院墓地でのトラブルとは? 改葬時の注意点についても紹介します!

  • twitter
  • facebook
  • line
寺院墓地でのトラブルとは? 改葬時の注意点についても紹介します!

一言で墓地と言っても、その種類や形態は様々です。今回は寺院墓地で起こり得るトラブルについてご紹介します。また、寺院墓地でトラブルを起こさないためには、どのようなことに注意すればよいかについても解説していきます。

寺院墓地の特徴

寺院墓地の特徴とは何なのでしょうか。

お墓は管理する機関によって、主に3種類に分けられています。

まずは順番にその種類を見ていきましょう。

民営霊園(民営墓地)

民営霊園とは、宗教法人が主体となって管理している墓地です。

しかし、実際には石材店などが提携して費用を負担しているのが現状です。

そのため、民営墓地を購入する場合は、あらかじめ墓石を建てる石材店が決められていることがあります。

生前購入ができたり、宗教を問わずに購入できたりと他の寺院墓地に比べて条件がそこまで厳しくないのが特徴です。

また、公園や庭園のように美しく整備された霊園があったり、墓石の形が様々であったり、選択肢を広げることができるのもメリットです。

公営霊園(公営墓地)

公営霊園は都道府県や市町村など、自治体が運営・管理をしています。

ほかの霊園と比べて使用料が安いのが人気の理由でもあります。

そのため、かなり入手は困難です。

倍率の高い抽選に当たらないとお墓を建てることができない霊園もたくさんあるようです。

公営霊園は生前購入できず、すでに手元にご遺骨があることが購入する際の条件になります。

また、その自治体の管轄内に現住所がない人は購入できないなどの条件もあります。

寺院墓地

寺院墓地を管理運営しているのはお寺になります。

お寺の境内に墓地があるのを見たことがあるのではないでしょうか。

だいたいの場合、お寺の内に墓地がありますが、近年では境内から離れた場所に墓地を持っているお寺もあるようです。

お寺ごとに寺院墓地を持っていると考えると、日本にはかなりの数の寺院墓地が存在することになります。

その大きさは様々ですが、交通の便のよい所にあることが多いのが特徴です。

また、寺院墓地を購入するためにはほとんどの場合、お寺の住職さんと面談をする必要があります。

もし住職さんと意見が合わなかったり考えが違う場合は、今後のことを考えると購入しにくいかも知れません。

寺院墓地のメリット・デメリット

メリット

寺院墓地のメリットは、檀家になることで手厚く供養をしてもらえたり、葬儀や法要の際にそのお寺を使うことができることです。

このほかにも、先ほどもお伝えしたように、アクセスのよさもメリットとしてあげることができます。

また、もしお墓を継いでくれる人がいなくなっても、永代供養などの手段を選ぶことも可能なので安心です。

デメリット

寺院墓地のデメリットは思わぬ出費があることです。

その寺院墓地にお墓を建てるには、お寺の檀家になる必要があり、檀家としてお寺を支えていくということが必須になります。

そのため、金銭面でもお寺を支えることになります。

檀家になるとお墓の掃除や管理、寺院運営のための費用に使用されるお金として年間5千円~2万円ほどの管理料を支払います。

また、法要の際のお布施も必要になります。

お寺の行事の際にもお布施をお渡しすることがあります。

改築や増築があった場合、別途費用を負担しなければならないこともあります。

寺院墓地におけるトラブル

寺院墓地のよい点と注意すべき点がそれぞれおわかりいただけたでしょうか。

では、この寺院墓地で起こるトラブルというのはどのようなものなのでしょうか。

寺院墓地におけるトラブルと、その原因を見てみましょう。

離檀によるトラブル

寺院墓地では近年、離檀によるトラブルが増えています。

離檀とは名前の通り、檀家を離れる、つまり檀家をやめるということです。

寺院としても檀家を失うことはマイナスになるわけですから、寺院墓地側は何としても離檀を防ぎたいと考えるのです。

そこで、檀家が離檀を申し出た際に「離檀料」として寺院側が高額な請求を行うことがあります。

中には数百万~1千万もの金額を請求されたというケースもあります。

このような離檀をめぐっての檀家とのトラブルが多発しているのです。

トラブルが生じる原因

ではなぜ寺院墓地においてそのようなトラブルが起こるのでしょうか。

トラブルが生じる原因のその背景を見ていきましょう。

トラブルが生じる原因

トラブルが生じる原因の1つに少子高齢化と宗教離れがあります。

今の日本は少子高齢化が進んでいます。

人口における高齢者(65歳以上)の割合が14%を超えると高齢化社会とされ、日本では1994年の時点ではすでに高齢化社会になっていました。

それに伴い、出生率も低下しています。

少子高齢化社会になると、亡くなる人は多いけれどそのお墓を守ったり供養する子孫はどんどん減ってしまいます。

もともとは先祖代々守ってもらうつもりで建てたお墓も、守る人がいなくなり、撤去せざるを得ない状況が出てきているのです。

また、日本人は無宗教の人々が多くなっています。

お正月には神社で初詣をしてクリスマスを祝い、そして結婚式はキリスト教の教会で挙げお葬式は仏教式で行うことからも仏教に執着している人たちが少ないことがわかります。

この独特な宗教観は昔に比べ、若者たちの仏教離れを引き起こしているのです。

そして同時にお墓に対する意識も薄くなっていき、離檀や寺院の閉鎖が相次いでいます

檀家への負担の増加

宗教離れや離檀によって檀家が減少すると、寺院の運営は厳しくなります。

残った檀家の負担も増加することになります。

そうなると、その負担から逃れるためにまた離檀したいと考える人が増えてくるのです。

このような悪循環が実際に起こっています。

しかし寺院としては寺院維持のためにも離檀は避けたいので、高額な離檀料を伝え、離檀を阻止しています。

離檀したくてもできないという檀家も多く存在するのです。

トラブルを避けるための改葬時のマナー

改葬の意向を伝える

お墓を撤去したり、他の場所へ移すことを改葬と言います。

改葬を行うためには、今までお世話になっていた墓地の管理者から許可をもらう必要があります。

もし改葬や離檀をしたい場合は、直前ではなく早めに改葬の意向を伝えることが大切です。

今までお墓の管理をしてくれた管理者ですから、同時に感謝の気持ちも忘れてはいけません。

きちんと誠意をもって改葬の意向を伝えるようにしましょう。

親族の合意

お墓に関する問題は、承継者だけのものではありません。

家族や親族など、多くの人たちを巻き込む問題なため、親族の合意が必要です。

自分が「こうしたい」と思っていても、家族や親族から同意がなければ非常にやり辛い状況になります。

改葬や離檀などお墓について重要な決断がある場合は、予め親族とよく話し合っておくことが必要なのです。

後から反対されるなど、思わぬトラブルを避けるためにも事前によく話し合っておきましょう。

ご住職へのお布施

墓石を建ててそこに魂を入れ、お墓として機能させるためには開眼供養を行います。

開眼供養の際はご住職に来ていただいて、法要を行ってもらいます。

そして、墓石を撤去したり移動させたりするときもまた、閉眼供養を行います。

閉眼供養の際も開眼供養と同様に、法要を行います。

この法要の際には、ご住職へのお布施を忘れないようにしましょう。

お布施は読経や法要を行っていただいた際の謝礼金と考えてよいと思います。

あくまで気持ちでお渡しするもので、強制ではありませんが、普段から寺院とよい関係を築いておくためにもお布施は渡したほうがよいでしょう。

寺院墓地を選ぶ際の注意点

寺院墓地を選ぶときの注意点は、墓地の経営状況をよく見ることです。

これから檀家が増えて発展していく寺院なのか、離檀が増えて衰退していく寺院なのかを見極める必要があります。

また、墓地の手入れ状況も確認しましょう。

きちんと手入れがされていなかったり、荒れている墓地は要注意です。

管理を怠っているような墓地ではこの先の発展は見込むことができないと言えます。

まとめ

今回の内容をまとめると、以下の通りです。

  • 墓地には民営霊園、公営霊園、寺院墓地の3種類があり、寺院墓地はお寺が管理運営を行っている
  • 寺院墓地にお墓を建てるためには、そのお寺の檀家になる必要がある
  • 檀家になることで手厚く供養してもらえ、もしお墓を継ぐ人がいなくなった場合でも永代供養をしてもらえるので安心できるというメリットがある
  • 檀家になれば金銭面でもお寺を支援していく必要があるため、思わぬお布施や出費が発生することがあるというデメリットもある
  • 離檀を申し出た際に、それを避けるために高額な離檀料を請求されるトラブルが増えている
  • トラブルの原因は少子高齢化による宗教離れや、檀家の減少による個々の負担の増加などが考えられる
  • トラブルを防ぐためには早めに改葬したい旨を申し出ることや、普段からの付き合いを大切にすること、予め親族とよく話し合っておくことなどが必要である
  • 寺院墓地を選ぶときは、そのお寺の経営状況や墓地の管理状態などをよく見て判断するのがよい

お寺と檀家は人と人とのお付き合いです。

そのため、トラブルも避けられないのが現状です。

いい関係を築くには、墓地を購入する時点でよく考えることが大切です。

お寺の状況はどうか、ご住職はどのような人かなどをよく観察し、墓地選びを行いましょう。

このカテゴリーの関連記事

すべての記事カテゴリー