初七日法要の喪主の挨拶について。適切な挨拶のしかたや例文を紹介します

  • twitter
  • facebook
  • line
初七日法要の喪主の挨拶について。適切な挨拶のしかたや例文を紹介します

最近は葬儀と一緒に行われることも多くなった初七日法要ですが、個別で行うこともあります。いずれにしても、まだ故人を亡くした悲しみから立ち直ることのできない初七日の法要では、どのような挨拶をするのが適切なのでしょうか。今回は、初七日法要での挨拶のしかたや例文について解説します。

初七日法要とは

本題に入る前に、初七日法要とは一体何なのか、何をするのかについて解説させていただきたいと思います。

意味

まず初七日法要の意味ですが、字の通りとなります。

故人が亡くなってはじめて迎える7日目に執り行う法要を初七日法要と呼びます。

しかし、何故7日目に行うのでしょうか。

実は故人が亡くなってから、仏様となられる四十九日法要までの間にはいくつか法要が存在します。

それが7日周期で行われるものであり、一番最初の法要となるのが初七日法要というわけです。

故人が極楽浄土へ無事に旅立てるよう、生きている側が7日ごとに法要をするという意味から初七日法要が存在します。

ちなみに初七日法要の次は二七日法要、三七日法要、と続いていき、七七日法要が四十九日法要に該当します。

7日ごとに極楽浄土へいくための裁判が行われるとされていますので、それに合わせて家族でお祈りをするということですね。

法要の流れ

では初七日法要とは具体的にどのようなことを行うのでしょうか。

流れを見ていきましょう。

  • 着席
  • 僧侶による読経
  • 会食

上記の流れは初七日法要を単独で行った場合のものになります。

行う場所は自宅でも、お寺でもかまいません。

お寺で行う場合は遺骨を持って行きます。

もしも葬儀の日に初七日法要も行う場合は、

  • 葬儀
  • 出棺
  • 火葬
  • 初七日法要の読経
  • 会食

という流れになります。

上記の流れは「繰り上げ法要」と呼ばれます。

「繰り込み法要」というものも存在し、繰り込み法要をするのであれば葬儀のあとに初七日法要の読経が入ります。

特に初七日法要だからと言って、他の法要と変わったことを行うことではないことがおわかりいただけたかと思います。

初七日における喪主の挨拶の例文

では初七日法要における喪主の挨拶のしかたについて解説させていただきたいと思います。

挨拶に最適な例文もご紹介させていただきます。

法要最中の挨拶

初七日法要の挨拶において注意したいのは、「重ね言葉」を使用しないことです。

重ね言葉は不幸が連鎖していく様を連想させます。

「ますます」「続いて」「重ねて」などの言葉は使用しないようにしましょう。

また、初七日法要は故人を亡くして間もない頃に訪れる法要です。

悲しい気持ちでいっぱいになることは当たり前のことです。

無理に挨拶の言葉を発する必要はありませんから、ゆっくりと、自分のペースで挨拶をすれば問題ありません。

挨拶の例文は下記の通りとなります。

本日は御多忙の中、亡き○(自分から見た続柄)◆◆◆◆(故人の名前)の初七日法要ににご参列いただきましてありがとうございました。

おかげを持ちまして無事に初七日の法要を終えることができました。心より皆様に御礼申し上げます。

◆◆◆◆の死は私たち家族にとって突然のことであり、心のやりどころがなく、悲しみの気持ちでいっぱいではございますが、悲しみに暮れ過ぎることなく、◆◆◆◆に恥じぬような生きかたを親族一同、力を合わせて生きていこうと思います。

まだまだ若輩者ではございますが、今後共私たち家族へご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

ささやかなものではございますが、お食事のご用意させていただいております。◆◆◆◆の生前の思い出話などをお聞かせいただければ幸いです。

本日はご参列いただきまして、本当にありがとうございました。

まずは参列いただいたことへのお礼をします。

そして故人に対する思いなどを、素直な言葉で結構ですので述べます。

最後は会食へのご案内で締めるとスムーズな挨拶となります。

会食時の献杯の挨拶

ほとんどの会食において、お酒がつきものです。

そうなりますと、口を付ける前に何か口上を述べるものですよね。

ついつい「乾杯」と口にしてしまいそうになりますが、法要の場においては禁句となりますので注意しましょう。

法要の場においてお酒を飲む際は「乾杯」ではなく「献杯」と言いましょう。

その際は、遺影もしくは遺骨のあるほうにコップを掲げます。

挨拶は食事の前ですから、簡単なものでかまいません。

それではささやかな食事ではございますが、ごゆるりとお寛ぎください。

今日は〇(故人との間柄)の思い出を皆様にお聞かせ願いたいと思います。

それでは、献杯のご唱和お願いいたします。献杯。

献杯は喪主が行わないといけないものではありません。

場合によっては親族や、親しかった友人に依頼してもかまいません。

その場合は葬儀の頃から打ち合わせをしておくとよいでしょう。

食事の締めの挨拶

故人との思い出を語らう会食にも時間の限りがあります。

大体会食自体は2時間程度を予定しておけばよいでしょう。

借りている場所の制限時間などもあると思いますので、その時間より30分手前くらいでお開きにしておきます。

締めの挨拶の例文は下記の通りとなります。

本日は〇(故人との間柄)の初七日法要にお集まりいただきまして、ありがとうございました。

おかげを持ちましてで無事に初七日法要を終えることができました。

まだ親族一同、悲しみの中にありますが、亡くなった〇に恥じないような生きかたをしていきたいと思っております。

至らない点もございますが、皆様のご指導、ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

簡単な挨拶ではございますが、これを持ちまして初七日法要の会食を終了とさせていただきます。

本日は誠にありがとうございました。

会食がない場合の締めの挨拶

初七日法要をやった場合は、大抵会食を催します。

しかし諸事情などで行わないことも想定されます。

その場合は、先にご紹介しました初七日法要中の挨拶だけで結構です。

先にご紹介しました挨拶には会食へのご案内がありました。

会食がない場合はそこの部分を省きましょう。

香典をいただいた際の簡単な挨拶

初七日法要を単独で行った場合、手渡しでお香典をいただくことになるかと思います。

その際、どのような言葉を添えて受け取りをすべきなのでしょうか。

本日はお忙しい中、ご参列いただきましてありがとうございます。

お香典のお心遣い、ありがとうございます。

〇(自分からみた故人の間柄)の最初の法要を、ともに冥福を祈っていただけますと幸いです。

お香典に対しては香典返しの際にお礼状を添えてお渡しします。

その際にもっと丁寧なお礼を述べますから、初七日法要の際はこのような簡単な挨拶で結構です。

お互いまだ故人を失くした動揺から立ち直れていない状態でしょうから、無理はなさらず参列いただいたことや、お心遣いをいただいたことへのお礼を述べましょう。

親族代表としての挨拶

挨拶をするのは喪主だけではありません。

献杯などの挨拶は親族が行うことも多くあります。

その際の挨拶のポイントについて解説させていただきたいと思います。

まず親族代表として挨拶をする際は、自分と故人との間柄を必ず述べましょう。

例えば「故人の弟にあたります××××と申します」といった風に自己紹介をしましょう。

これは、すべての法要でも通じるマナーとなります。

使ってはいけない言葉などは、喪主の挨拶と同じです。

忌み言葉や重ね言葉は使用しないように心がけましょう。

特に重ね言葉は普段使いやすい言葉になっていますから注意が必要です。

私は、故人の〇(関係性)にあたります××××(名前)と申します。

私のほうから遺族ならびに親族を代表いたしまして、お集まりいただきました皆様にご挨拶を申し上げます。

本日はご多忙中にも関わらず、故◆◆◆◆(故人の名前)のために初七日法要への参列を賜りまして、誠にありがとうございました。

皆様にお集まりいただいたことで、故人もとても喜んでいることと思います。

生前中は、皆さまにたくさんお世話になりましたことを、故人にかわりまして厚く御礼申し上げます。

故人にとってはご恩返しもできぬまま突然永眠となったことは無念であったと思います。

皆様におかれましては、私たち親族に対しましても、故人の生前と変わりなきご指導・ご鞭撻を賜りますよう、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

本日は、誠にありがとうございました。

最初の口上は、献杯の挨拶のときにも応用が利きます。

親族代表で挨拶をしないといけないときは、自己紹介を忘れないようにしましょう。

まとめ

今回の内容をまとめると、以下の通りです。

  • 初七日法要は、故人が亡くなってからはじめて行われる法要であり、本来であれば初七日法要を皮切りに、七日ごとに法要を行う
  • 故人が極楽浄土にいけるかどうかのお裁きが上手くいくように遺族がお祈りすることが理由と言われている
  • 初七日法要における喪主の挨拶で気を付けたいのは、忌み言葉を使わない、重ね言葉を使わない、ゆっくり言葉を発すること
  • 親族代表で挨拶をすべきときは、自己紹介を忘れずに行うこと。あとは喪主の挨拶と同じで忌み言葉や重ね言葉を使わないようにする
  • 親族代表挨拶は献杯などで用いられることが多い

初七日法要を単独で行うか、繰り上げや繰り込みで葬儀と一緒に行うかは家族によって違います。

しかしどちらにしても、法要に参列いただいた方々にはお礼の挨拶をする必要があります。

初七日法要は故人を亡くして間もない時期でありますから、上手く挨拶をすることができないかもしれません。

それでも、悲しみを乗り越えて、故人のためにもよい法要にしたいものです。

このカテゴリーの関連記事

すべての記事カテゴリー