卒塔婆(塔婆)は一周忌に立てるの? 立てる意味もあわせて解説します

  • twitter
  • facebook
  • line
卒塔婆(塔婆)は一周忌に立てるの? 立てる意味もあわせて解説します

皆さんもお墓に卒塔婆という木板が立っているのを見たことがあるかと思います。一周忌など法要の際に立てられることが多い卒塔婆ですが、その意味についてご存知でしょうか。一周忌以外でも立てるのかどうかも含め、卒塔婆について解説していきます。

卒塔婆(塔婆)とは?

お墓の周りに卒塔婆という木の板が立てられているのは知ってはいるけど、どういう意味があるのかまではよくわからないといった方もいるかと思います。

ここではまず、卒塔婆がどういうものなのかについて解説していきます。

卒塔婆とは、墓石の周りに立てたれた長さ1~2mの細長い板のことです。

卒塔婆の起源は、古代古代インドのサンスクリット語で仏塔を意味する「ストゥーパ」にあります。

このストゥーパはお釈迦様の遺骨を納めている塔のことで、これが五重塔の起源となっています。

今でこそ卒塔婆は木製ですが、古代では三重塔や五重塔のような大規模建築物として建てられることもありました。

卒塔婆はその形にも意味があり、五重塔をもとに作られた五輪塔に似せて作られています。

五輪塔は仏教において宇宙を構成するとされる五大要素「地・水・火・風・空」を表しています。

卒塔婆には五大要素を意味する梵字が記されています。

卒塔婆は必ず必要なもの?

では卒塔婆がなぜ立てられるのかというと、追善供養のためです。

追善供養とは、亡くなった人に対して行う供養のことです。

生きている人が善い行いをすることで、故人の善行となって故人が徳を積み、極楽浄土へと行けるようになるという考えに基づいています。

卒塔婆を立てるということは善を積むこととされています。

つまり遺された人が卒塔婆を立てるという善行を積むことが故人の善行にもなるのです。

卒塔婆は誰が立てるの?

施主だけでなく故人を供養したいと考えている人であれば誰が立てても問題ありません。

とはいえ、基本的にはご遺族が立てることになるかと思います。

故人の子供や孫が卒塔婆料を出す場合などでは、子供一同や孫一同というようにまとめて出すことも多いようです。

また、遠方に住んでいてお墓参りに行けない方が供養目的で、お墓を守っている親族などに依頼して代わりに卒塔婆を立ててもらうこともできます。

卒塔婆を立てる本数に決まりはあるの?

卒塔婆は誰が立ててもいいということもあって、立てる本数に上限があったりしないのかと考えた方もいるかも知れません。

ですが、「何本までしか立ててはいけない」あるいは「何本立てなくてはいけない」といった決まりはありません

一般的には一人の故人に対して卒塔婆1本というのが多いですが、地域性や風習などによって様々です。

ご先祖様に1本、故人へ1本というような立てかたも可能です。

地方によっては四十九日の法要までに7回の法要を行い、その都度1本ずつ合計7本の卒塔婆を立てる慣わしがあります。

これを七本塔婆といいます。

沢山の卒塔婆を立てる方が供養になるという考えかたをする家であれば、法要に出席した各家庭や個々人で1本ずつ立てることもあります。

ただし、あまりにも立てすぎてお墓の敷地外に飛び出すようだと、周りのお墓の迷惑となるので配慮は必要です。

浄土真宗は卒塔婆を立てない?

基本的には故人の供養のため卒塔婆を立てたほうがいいと書きましたが、なかには浄土真宗のように卒塔婆を立てる習慣のない宗派もあります。

浄土真宗には、亡くなった方は阿弥陀仏の大いなる力ですぐに極楽浄土へと往生する「他力本願」という教えがあります。

つまり浄土真宗には追善供養という考えかたがありません

卒塔婆は追善供養のために立てられるものですので、他の宗派のように卒塔婆を立てる必要がないということなのです。

ただし、地域や慣習によっては宗派関係なく卒塔婆を立てている場合もあります。

卒塔婆を立てる時期について

卒塔婆は追善供養のために立てるものなので、実はいつ立てなければならないという決まりがあるわけではありません。

一般的な習慣としては、納骨時に立てるのが最初で、一周忌などの年忌法要やお盆やお彼岸に立てることが多いです。

また、新しい卒塔婆を立てる際には、古くなった卒塔婆は朽ち具合や置き場の都合を踏まえて、お焚き上げ処分してもらうことがあります。

卒塔婆を立てる時の依頼先

ここまで卒塔婆を立てる意味について説明してきました。

では、実際に卒塔婆を立てたいときにはどうすればいいのでしょうか。

どこに依頼すれば卒塔婆を立てられるかについて解説していきます。

菩提寺

基本的にはお世話になっている菩提寺に依頼するのが望ましいです。

卒塔婆には戒名や施主名、亡くなった日といった詳細な情報を記載するので、そういった情報を把握しているお坊さんに依頼するのがいいでしょう。

複数の卒塔婆を依頼する際には、施主が代表し、まとめて依頼するようにしましょう。

法要の当日ですと混雑が予想されますので、事前に依頼するのが好ましいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、一周忌に立てられる卒塔婆について解説しました。

今回説明した内容を以下にまとめます。

  • 卒塔婆は故人を追善供養するために立てる
  • 卒塔婆は一般的に一周忌などの年忌法要の際に立てられる
  • 卒塔婆は菩提寺に頼んで立ててもらう

一周忌は亡くなった方を偲び、改めてご冥福を祈る特別な法要です。

故人の供養のために卒塔婆を立てようという方も多いかと思います。

卒塔婆を立てる際に最も大切なことは、故人への供養の気持ちを表すということにあります。

一周忌といった年忌法要のようにある程度の時期を決め、ほかの遺族や菩提寺と相談して卒塔婆を立てると揉め事もなく追善供養ができます。

今回の解説で卒塔婆についての理解を深め、故人を供養したい皆さんのお力になれたら幸いです。



このカテゴリーの関連記事

すべての記事カテゴリー