七回忌のお供え物で悩んだら? 一般的な相場や表書きの書きかたを解説します

  • twitter
  • facebook
  • line
七回忌のお供え物で悩んだら? 一般的な相場や表書きの書きかたを解説します

七回忌の法要・法事、いざ出席するとなるとお供え物に何を選んでよいか悩みますよね。今回は、七回忌の基本から、お供え物の選びかた、表書きの書きかたまで解説します。

七回忌とは?

年忌法要の1つで、亡くなってから満6年目に行う法要のことです。

一周忌以降は亡くなった年も含めて数えるため、6年目の忌日が七回忌になります。

故人の死後6周年目の祥月命日(故人の死んだ月日と同じ月日)に行うとされていますが、お寺や遺族の都合によりそれより前に行うことが多いようです。

七回忌の法要からは、遺族や親戚などの少人数で行われることが多く、三回忌と比べて規模が小さく行われるのが一般的です。

また七回忌以降は同じ年に2つ以上の法要を併せて行う併修・合斎(他の親族の年忌法要を併せて営むこと)をしてもよいと考えられています。

年忌法要は「3」と「7」のつく年忌に行われますが、七回忌以降は仏教の風習ではなく日本古来の風習と言われています。

※浄土真宗では「七回会」と言います。

宗派によって年忌法要の際に「忌」は使わないとされています。

場合によってわかりやすくするために使う場合もあります。

七回忌のマナー

服装

服装は、三回忌までは喪服ですが、七回忌からは地味な色の平服を着用していればよいとされていますが、施主が喪服である場合は、着ていく服は喪服のほうがよいとされています。

ただし、参列者が施主よりも格式が高い服装になってはいけませんので着物は避けましょう。

場合によっては施主が喪服を着ない場合もありますので、施主にどんな服装か確認することをおすすめします。

平服で参列する場合は、華美な服装や露出度の高いものはマナー違反になります。

お供えの渡しかた

お供え物は、勝手に仏壇へ供えてはいけません。

参列して渡すときは、施主へ仏前にお供えしてくださいと伝え、手渡しするのがよいでしょう。

お供え物の相場と表書き

一般的なお供え物の相場は、5千円から1万円程度です。

法事に参列できない場合も同額程度のお供えを郵送します。

郵送の場合は七回忌の法要が行われる前日までに送るとよいでしょう。

参列する場合は会食がありますので、それを考慮した金額が必要です。

掛紙は、のしなしの結びきりの水引になりますが、地域によって双銀、黒白、黄白が異なりますので確認が必要です。

よく、のし(熨斗)やのし紙と使いますが、仏事ではのしは付かないためのしとは言わず、掛紙やおもて紙と言います。

(のしは水引の右上に付いたのしあわびのついたもののことで、お祝いのときになります。)

表書きは「御供」や「租供養」と記し、下段の名前はフルネームで濃い墨で書きます。

おすすめのお供え

基本的には故人の好きなものなどでよいですが、定番なものからその他のものもあげてみます。

お供えで選ぶものは、食べ物などの消費されて消えるものが多く、食器などの残るものはあまり向きません。

お菓子

選ぶ際のポイントは、以下の通りです。

・常温で日持ちがするもの

・みんなで分けられるもの(個別包装されているもの)

・開封してすぐに食べられるもの

場合によっては、仏前に何日間かあげる場合もあるので、まずは日持ちがするものが大前提でしょう。

また地域によっては、法事が終わってから参列者に配る場合もあるので、個別包装されているものをおすすめします。

・クッキー

・バームクーヘン

・マドレーヌ

・カステラ

・ゼリー

・お煎餅

・羊羹

・落雁

・和菓子

参列者には高齢者から子どもまで幅広いことが多いので、どの年齢層でも美味しく食べられるものが定番になっているようです。

果物

お供えのフルーツは「丸いもの」がよいとされています。

丸ごとのメロンや桃、ミカンなどがおすすめです。

故人が好きだった果物があれば、それをお供えとしてもよいでしょう。

迷ったときには、法事用の果物の盛り合わせもあります。

日持ちする食べ物

お菓子やフルーツ以外でも、常温で日持ちする食べ物もおすすめです。

・缶詰

・お餅

・昆布

・海苔

・佃煮

・お茶

お肉やお魚のように殺生に繋がるもの、五辛と言われるにんにくや香辛料の強いものは、お供え物としては不向きですので注意しましょう。

嗜好品

故人が好きだったお酒やタバコも、故人を偲ぶお供えです。

ただし、遺族や参列者で苦手な人もいますので十分な配慮が必要です。

お酒は持ち帰る場合に重みがありますので注意しましょう。

お花

四十九日までは白いお花と言われてますが、七回忌では白を基調とした優しい淡い色の明るく和むものが好まれます。

胡蝶蘭、白百合、季節のお花、故人が好きだったお花など、鉢物、花束、フラワーアレンジメント、ブリザーブドフラワーいろいろな種類があります。

地域や宗教によって慣習が異なる場合があるので、お花屋さんに相談するとよいでしょう。

注意が必要なのは、一般的にトゲのある薔薇や、毒のあるお花などはNGとされています。

また、香りの強い花なども避けましょう。

線香やろうそく

線香やろうそくなど、仏具をお供えとして持参する場合もあります。

まとめ

今回の内容をまとめると、以下の通りです。

・七回忌の法要からは、遺族や親戚などの少人数で行われることが多く、三回忌と比べて規模が小さく行われるのが一般的

・服装は、七回忌からは地味な色の平服でよいとされているが、施主が喪服である場合は、着ていく服は喪服のほうがよいとされる

・お供え物の渡しかたは、勝手に仏壇へ供えてはいけない。参列して渡すときは、施主へ仏前にお供えしてくださいと伝え、手渡しするのがよい

・一般的なお供え物の相場は、5千円から1万円程度。法事に参列できない場合も同額程度のお供えを郵送する。その場合は七回忌の法要が行われる前日までに送るとよい

・掛紙は、のしなしの結びきりの水引になるが、地域によって双銀、黒白、黄白が異なるので確認が必要。表書きは「御供」や「租供養」と記し、下段の名前はフルネームで濃い墨で書く

七回忌の基本的なマナーやお供えについてご紹介しました。どのお供えを選ぶにしても、故人のことや施主のことを思い、心をこめて選んでお供えしましょう。

このカテゴリーの関連記事

すべての記事カテゴリー