四十九日とは? 香典・服装・お供え・挨拶について解説します

  • twitter
  • facebook
  • line
四十九日とは? 香典・服装・お供え・挨拶について解説します

大切な方の葬儀が終わってから1カ月と少しで迎える節目が四十九日です。四十九日は実のところ、葬儀と同じくらい大切な節目や儀式とされています。四十九日法要を滞りなく行うにはいろいろな知識や作法を知ることが大切です。

四十九日とは

まず始めに、四十九日にはどういった意味があるのでしょうか。

四十九日という言葉を聞いたことはあっても、具体的な意味がわからない方もいるでしょう。

まず四十九日が持つ意味や計算の方法について見ていきます。

四十九日の意味

四十九日とは、故人が亡くなって49日目に迎える節目のことです。

仏教の考えかたに基づくもので、より具体的には人が亡くなってから次の生まれ変わり先が決まるまでの期間を指します。

亡くなった方は49日間生前の行いに基づいて閻魔大王の審判を受け、それによって六道と呼ばれる6つの世界のどれかに生まれ変わるというものです。

四十九日はちょうど生まれ変わり先が決まる日とされているため、昔からご親族などによって故人がなるべくよい世界に生まれ変わるように盛大に法要を営まれます

計算のしかた・数えかた

四十九日に法要を行うには、実際いつごろが四十九日となるのかを知っておくことが大切です。

一般的には故人が亡くなった日を1日目として、その日から48日後を四十九日の日とみなします。

ただし関西地方のように、故人が亡くなった日の前日から数える場合もあります。この場合は亡くなった日から47日後を四十九日の日とするのが一般的です。

四十九日法要の香典・香典返し

四十九日法要に参列する際に欠かせないのが香典です。

また、ご遺族は香典をお渡ししてくださった方々に香典返しをします。

ここでは四十九日の香典に関するマナーについて解説していきます。

香典袋の書きかた

香典袋の書きかたは表面に表書きと名前を、裏面に金額と住所を記します。

なお中袋がある場合はその表面に金額を、裏面に住所を記しましょう。

特に仏式では表書きを「御霊前」ではなく、「御仏前」と書くようにします。

これは故人がすでに成仏したとみなされるためです。

金額については「金○○圓」という形で記し、特に縦書きで書く場合は数字の部分を漢数字の旧字体を使うと礼儀として丁寧です。

なお使う墨は葬儀の場合と異なり、普通の墨を使って問題ありません

香典返し(お返し)はいつ贈るべき?

ご遺族側が四十九日法要に向けて行うべき準備として、参列者に対するお返しの準備も挙げられます。

ここでは四十九日法要で用意すべきお返しについて見ていきます。

まず送るタイミングについては、四十九日法要が終わって数日から1週間以内が最適です。

あまり遅すぎると、特にマナーに厳しいご親族の方などが不快に思われるでしょう。

香典返しに適切な品物って?

香典返しで適切な品物を知っておくことも、迷わずに品物選びをする際に重要です。

具体的には「消えもの」と呼ばれる使えばなくなる品物がよいとされ、菓子折りやお茶といった食べ物や、洗剤などの日用品がよく選ばれます。

肉や魚は仏教の不殺生に反するタブーのため避けましょう。

最近では品物の代わりにカタログギフトを贈り、相手のほうで好きなものと交換してもらうケースも多いです。

ただしカタログギフトについては、使いかたを理解している方や期限内に交換できる方に向いています。

忌明けの挨拶状も添える

香典返しをお贈りする際には、品物に忌明けの挨拶状も一緒に添えることがマナーとされています。

挨拶状の内容は、香典をいただいたお礼や四十九日法要が滞りなく終わって忌明けを迎えたこと、香典返しをお贈りする旨を記すのが一般的です。

香典返しに添える挨拶状も四十九日法要の案内状と同じように、句読点や忌み言葉を避けて書きましょう

また時候の挨拶は入れないようにします。

四十九日のご遺族・参列者の服装

それでは次に四十九日法要での服装についてご遺族側・参列者側どちらも解説していきます。

男性・女性どちらの服装も解説いたしますのでぜひ参考にしてください。

四十九日のご遺族側の服装

四十九日法要ではご遺族もきちんとした服装を着用する必要があります。

ただし葬儀のときほど格式のあるものである必要はなく、略礼装を着用するのが一般的です。

ここではご遺族が着用すべき服装を、性別ごとに見ていきましょう。

男性の場合

男性の場合は、黒系の上下スーツがまず基本となります。

上スーツの下には、黒無地のネクタイを締めた白いワイシャツを着用しましょう。

靴や靴下も黒無地のものを履き、とくに靴については光沢が目立たないものを選びます。

アクセサリーは結婚指輪と婚約指輪以外は極力避け、特にネクタイピンや光沢が目立つ時計は避けるようにしましょう。

女性の場合

一方女性の場合は、黒系のスーツやワンピースが基本形です。

特にスカートを着用する場合は、ひざが隠れるくらいの長さを心がけましょう。

靴は黒系のパンプス、ストッキングも黒系のものを着用します。

アクセサリーは男性と同じように結婚指輪や婚約指輪以外は、なるべく着用してこないようにします。

ただし真珠のネックレスやイヤリングであれば、故人を悼む意味でつけてきてよいです。

ネックレスについては、一連のみOKという点に注意しましょう。

四十九日に参列する際の服装

四十九日に参列する場合も、ふさわしいとされる服装があります。

ここでは四十九日の参列者に適した服装を、性別ごとに見ていきましょう。

男性の場合

男性の場合は黒系の上下スーツと、黒ネクタイを締めた白ワイシャツの組み合わせがよいとされています。

ただし平服が指定されている場合は、暗色系のものでも問題ありません。

靴や靴下も黒系または暗色系のものを着用し、アクセサリーは結婚指輪や婚約指輪以外は避けましょう。

女性の場合

女性の場合は黒系のスーツやワンピース、パンプスやストッキングも黒系のものを着用します。

こちらも平服と指定されている場合は、暗色系のものでも問題ありません。

アクセサリーは結婚指輪や婚約指輪以外は避けるべきとされていますが、真珠の一連のネックレスやイヤリングはつけてよいです。

四十九日のお供えと熨斗(のし)の書きかた

故人へのお供えで香典とお供え物がよく区別されますが、果たして違いがあるのでしょうか。

ここでは香典とお供え物の違いについても見ておきましょう。

香典とお供え物は同じもの?

香典とお供え物の違いは、一言で書けば香典は現金、お供え物が現金以外の物であるという点です。

お供え物については、故人が生前好んでいた生花やお菓子、果物などがあります。

このため表書きでも香典の場合は「御仏前」や「御供物料」であるのに対し、お供え物の場合は「御供物」が使われるのが一般的です。

お供え物には必ずのしを

お供え物が香典と異なるとはいっても、こちらにものし(熨斗)をした形で持参するのがマナーです。

法事で持参するお供え物の場合は普通ののし紙ではなく、弔事用の掛け紙を使います。

具体的には黒白や黄白の水引が使われたもので、のし飾りのないものを使うのが一般的です。

のしの表書きは宗教によって異なる

お供え物に使われるのしの表書きは、宗教によって異なります

ここでは宗教ごとののしに使われる表書きについて見ておきましょう。

  • 仏式の場合
    仏式の場合は「志」や「粗供養」が一般的です。
    厳密には東日本であれば「志」、西日本であれば「粗供養」が使われます。
    ほかにも関西以西では「満中陰志」も代表的です。
  • キリスト教式の場合
    キリスト教式の場合は「志」のほか、「偲び草」が主に使われます。
    ただし場合によっては香典返しを行わない場合もあります。
  • 神式の場合
    神式でもキリスト教式の場合と同じように、「志」や「偲び草」が使われます。
    ただし神式でも場合によっては、香典返しを行わない場合もあります。

四十九日の挨拶について

喪主が挨拶をするタイミング

四十九日法要の中で喪主が挨拶を行うタイミングは、まず法要開始時が挙げられます。

このときは法要に参列していただいた参列者への感謝の一言と、僧侶に読経をお願いする旨が主な内容です。

下記例文です。

本日はご多忙な中、お集まりいただきありがとうございます。

それではこれより○○(戒名)の四十九日忌法要を始めさせていただきます。

本日は○○寺の○○住職に導師をお願いしております。

それでは○○様、なにとぞよろしくお願いいたします。

次に法要終了時の挨拶です。

このときも参列者に対して法要が無事に終わったことへの感謝を伝え、さらに会食の案内をするのが一般的です。

下記例文です。

本日は参列された皆様のおかげをもちまして、無事に○○(戒名)の四十九日法要を行うことができました。

皆様のお気持ちに故人も心から感謝していることと思います。

皆様には今後とも変わらぬご支援のほどをよろしくお願いいたします。

ささやかではございますが、お食事を用意させていただきました。

どうぞ心行くまでおくつろぎくださいませ。

本日はありがとうございました。

さらに会食の開始時と終了時にも挨拶しますが、このときに行う献杯の挨拶については次の項で見ていきましょう。

乾杯ではなく献杯

会食が始まる際に行う挨拶は、手短にするのがマナーです。

大体1分程度で参列いただいたことへのお礼や故人をしのぶ内容のものがよいでしょう。

そして会食を開始するときには乾杯ではなく献杯を行います。

献杯とは故人に敬意を示して杯を挙げることですが、このとき注意すべきなのが杯を他の方と合わせないようにするという点です。

また唱和の際も乾杯の場合と異なり、静かに行うべきとされています。

献杯はあくまでも故人をしのんで静かに行うところに意味があるため、派手にならないように心がけましょう

以下の挨拶の例文をぜひ参考にしてください。

本日はお忙しい中、お集まりいただきありがとうございました。

四十九日法要も滞りなく済み、故人も喜んでいるものと思います。

これよりは故人の思い出を語り合いつつ、のんびりお過ごしくださいませ。

それでは、故人の冥福を祈りまして、献杯。

四十九日までに準備すること

日程を決める

四十九日法要の準備で最初に取り掛かるべきことが、法要の日程を決めることです。

法要の日程は一般的に、故人の四十九日に最も近い土日祝日とされています。

四十九日が土日祝日に当たる場合であれば当日に法要を営めますが、もし平日に当たる場合は四十九日よりも前の、最も近い土日祝日に法要を行うようにしましょう。

土日祝日が休日になっている方が多いため、平日に行う場合に比べると多くの方が参列しやすいためです。

やってはいけないことが四十九日を過ぎた次の土日祝日を法要の日とすることです。故人の魂が迷ってしまうといわれているためです。

会場や会食の手配

四十九日法要の日が決まったら、次に会場や会食の手配をします。

会場には菩提寺や墓地・霊園の法要室を使う場合が一般的であるため、早めにお寺や墓地・霊園の管理者に連絡しましょう。

会場がご自宅の場合は、そこまで焦る必要はありません。

食事については料理店やレストラン、菩提寺の本堂などで行うのが一般的です。

特に料理店やレストランに予約するときは、きちんと四十九日法要後の食事であることを伝えましょう

これはエビやタイなどのおめでたい料理が出てこないように配慮してもらうためです。

僧侶を手配する

四十九日法要ではお経を読んでいただく僧侶が不可欠です。

このため四十九日法要の予定が決まり次第、早い段階で僧侶に連絡して読経をお願いしましょう。

なお、お願いする際に会食に同席できるかどうかも伺っておきます。

菩提寺がある場合

菩提寺がすでにある場合は、菩提寺にそのまま依頼しましょう。

日程を伝えて会場を押さえるのと同時に、読経をお願いすれば手間がかかりません。

菩提寺の僧侶にお願いする場合であっても、法要の日程が決まったら早めに動きましょう。

菩提寺との付き合いがあるといっても、僧侶も先に決まった他の方との日程を優先するためです。

菩提寺がない場合

菩提寺がない場合、葬儀でお世話になった葬儀社に依頼するという方法が一つにあります。

葬儀社が提携している寺院から僧侶を派遣してもらえますが、葬儀社によっては紹介料をいただく場合があります。

もう一つの方法は、僧侶手配サービスを活用し、お坊さんに来ていただくという方法です。

僧侶や寺院関係への支払いは、お布施やお車代が不明瞭で高額になりがちです。

しかし僧侶手配サービスなら、お布施が定額でいくらお渡しすればよいのかと悩む必要がありません。

参列をお願いする範囲は?

日程が決まり、僧侶や会場などの手配も済んだところで、いよいよ参列していただきたい方に案内状を発送します。

案内状を発送して呼ぶ人は、故人のご親族や故人が生前親しく付き合っていた知人・友人までが一般的です。

もしご親族をどこまで呼べばよいかがわからない場合は、全員呼ぶほうが無難といえます。

呼ばれなかった方がいる場合、後日トラブルのもとになりかねないためです。

参列者への案内状

参列者で来ていただきたい方が決まったら、その方々向けに案内状を発送します。

案内状には出席や欠席欄の書かれた返信はがきも添えるようにしましょう。

特に欠席欄のところには理由を書き添えられる欄があるとなおよいです。

句読点は用いない

法要の案内状は、香典返しのお礼状と同じように句読点を用いることなく作成する点が作法です。

二重封筒はNG

また法要の案内状を発送する際に、二重封筒にならないように注意しましょう。

二重封筒は文字通り、封筒が重なった状態であることから、不幸が連続することを連想させるためです。

納骨も同日に行うことが多い

もしお墓の準備ができている場合は、法要と同じ日に納骨も行われます。

特に故人が生前からお墓を用意していた場合は、四十九日法要の段階で納骨を行える流れです。

同日に納骨を行う場合は、僧侶にもその旨を伝え魂入れや納骨法要の準備もします。

納骨法要についてはお墓を建てた石材店に実際の納骨作業をしてもらうため、石材店にも連絡が必要です。

当日は法要が終わった後で、墓地や霊園に出向いてお墓関係の法要を行い納骨してもらいます。

納骨の際には埋葬許可証も必要ですので、忘れず持参しましょう。

四十九日法要の流れ

四十九日法要は一般的に以下のような流れで行われます。

  • 開式と施主挨拶
  • 読経と焼香:焼香は施主・ご遺族・ご親族・その他の参列者の順で。
  • 閉式と会食会場への案内
  • 会食:献杯から始まる。

まとめ

今回の内容をまとめると、以下の通りです。

  • 四十九日は故人没後49日目の節目に迎える生まれ変わりの節目で、ほとんどの場合故人が亡くなった日を1日目としてその48日後の日となる
  • 四十九日法要を主催する際の準備には日程を決めることと、会場や僧侶、食事の手配、参列者に案内状を発送することなどがある
  • お墓ができている場合は納骨も同日に行う
  • 主催する側の服装は黒系のスーツやワンピースを着用する
  • 参列者の服装は黒系のスーツやワンピースが基本だが、平服の場合は暗色系でもよい
  • 施主の挨拶は法要の開始時と終了時、会食時に行う
  • 法要の返礼品は香典の半額か3分の1に当たる消えものを用意し、挨拶状も添える
  • 香典袋には宗教や宗派に対応した表書きや、漢数字の旧字体を用いた金額の書きかたをする。
    お供え物は掛け紙をつけたうえで、故人が好んでいたものを持参する。
    ただし掛け紙の表書きは地域や宗教によって使い分ける
  • 四十九日法要の流れは、喪主の挨拶に始まり読経と焼香を行った後、別の場所で会食を行う

四十九日は故人が次の世界に生まれ変わる節目であるため、故人がなるべくよい世界に生まれ変われるようにきちんと法要をしましょう。

そのためには前もって念入りに準備するとともに、参列する側もマナーを十分理解することが大切です。

このカテゴリーの関連記事

すべての記事カテゴリー