年賀状を出すのをやめるには? やめるタイミングや文例も解説します

  • twitter
  • facebook
  • line
年賀状を出すのをやめるには?  やめるタイミングや文例も解説します

終活の一環として、年賀状をやめることにしたという人も増えてきました。しかし、「いきなり年賀状をやめても大丈夫なのか」「年賀状のやめどきがわからない」などといった疑問の声もあると思います。この記事では、年賀状をやめる方法やタイミングについて解説していきます。

年賀状をやめる方法・文例

年賀状をやめると決めたとき、一番気になることと言えば今まで年賀状のやりとりをしてきた人たちのことだと思います。

いきなり年賀状をやめたら、人間関係の問題が増えてしまうのではないかと心配してしまうのも無理はありません。

確かに年賀状をやめるのにも手順を踏まなければなりませんが、相手によっては必要のないものです。

相手に何も言わずにやめる

年賀状をやめる際、相手には何も言わずにやめてもいい場合があります。

それは相手がご自身とあまり親しい間柄ではない場合です。

年賀状はそれなりに交流のある相手と送り合うものですが、知り合い未満の方や途中から交流が少なくなったという方もいます。

積極的に年賀状を送りたい相手ではないのなら、無理して送る必要はありません。予告なしに年賀状をやめても問題は起きないでしょう。

ただし、これは自分の実生活に相手が全く関与していない場合に限られます。
今後も顔を合わせる機会がある人なら、お互いに気まずい思いをする可能性があるためです。

予告なしにやめるのは、あくまで年賀状のみのお付き合いになっている人だけにしておきましょう。

相手に知らせてやめる

年賀状をやめる際、いきなりやめては相手を心配させたり、不愉快な気持ちにさせてしまう恐れがあります。

そのため、今まで年賀状を送ってきた相手に対し、もう送らないということをお知らせしなければなりません。

親戚やご友人など普段から顔を合わせる機会の多い方々には、あらかじめ年賀状を送らないという宣言をしておく必要があります

そうしておくことで、人間関係がこじれるのを防ぐことができます。

注意点を挙げるなら「早め」に「全員」に対して年賀状をやめたことを伝えるという点です。

早めに伝えなければ相手がすでに記入済の年賀状を用意している可能性があります。また、全員に知らせなければ「自分にだけ年賀状を送らないということか」と相手を不快な気分にさせてしまうためです。

やめることを伝える文例・文面

年賀状をやめることを伝える方法は、直接会った際に伝えるか、もしくは寒中見舞いに書くことです。

最後の年賀状を送る際に書くという方法もありますが、「明けましておめでとうございます」という挨拶の後に添える話題としてあまりいいものではないでしょう。

そのため、会う機会の多い相手には口頭で伝え、なかなか会えない相手には寒中見舞いを出して知らせます。

以後相手と付き合うつもりがない場合の挨拶文

寒中お見舞い申し上げます

このたびはご丁寧な年賀状をいただきありがとうございました

誠に勝手ながら 本年をもちまして年賀状による年始のご挨拶をどなた様に対しても控えさせていただくこととなりました

何卒ご了承くださいますよう宜しくお願いいたします

皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈りしております

年賀状を送る相手の中には、付き合いを続ける気のない相手もいることでしょう。そういった相手には上記のような例文を寒中見舞いに添えてください。

寒中見舞いは1月~2月にかけて送るため、相手から年賀状を受け取っている可能性が高いです。

そのため年賀状をいただいたことに関する感謝を述べます。

そしてもう年賀状を送らないこと、相手にもそれを了承してほしいことを丁寧にお願いします。

最後は相手の健康を気遣う文章で締めくくってください。

相手との付き合いを続けたい場合の挨拶文

寒中お見舞い申し上げます

このたびはご丁寧な年賀状をいただきありがとうございました

誠に勝手ながら 本年をもちまして年賀状による年始のご挨拶をどなた様に対しても控えさせていただくこととなりました

何卒ご了承くださいますよう宜しくお願いいたします

そして今後とも変わらぬお付き合いをいただけると幸いです

皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈りしております

反対にこれからも付き合いを続けていきたいと願っている相手に送る場合、上記のような挨拶文をおすすめします。

一見、先述した挨拶文と変わらないように見えますが、こちらには「変わらぬお付き合いをしてほしい」という新しい一文が加わっています。

年賀状を送らなくなっても付き合いは続けていきたいという意思を示す言葉を入れておくのがよいでしょう。

年賀状をやめるタイミング

以前から年賀状をやめたいと思ってはいても、決断するにはきっかけやタイミングが重要になってきます。

年賀状をやめるタイミングとは、どんなときでしょうか。

喪中はがきを出した翌年

年賀状をやめるタイミングとしては、喪中はがきを出した翌年が適切です。

喪中はがきは不幸があったときに、年賀状を送ることができないと伝えるためのものです。

ここでポイントになるのは、喪中はがきに「今後年賀状を出すのをやめること」を書かないという点でしょう。喪中はがきはあくまでも用件を伝えるだけに留めます。

故人の喪が明けて今後のことを考える余裕が出てきた翌年に送ったほうが丁度よいタイミングと言えます。

年齢的に負担に感じてきたとき

年齢が上がるにつれて、年賀状を続けていくのが難しいと感じたときもやめどきと言えるでしょう。

年賀状は先述したように、手間暇や時間のかかる作業です。

還暦や古希を迎えた高齢の方には、そのための体力や気力があまりないという方も多いのです。

また、高齢になると病気を患っている方も多くなってきます。わざわざご自身の身体の不調に耐えてまで、年賀状を無理に作成する必要はありません。

引っ越したとき

何らかの理由により、引越しをすることになったときもやめるタイミングになります。

これをきっかけに、家の中にある余分なものと一緒に年賀状の断捨離もしてしまいましょう。

何もないときにやめるのは抵抗があっても、引越しやそれに伴う断捨離という大義名分があれば、年賀状もやめやすくなります。

引っ越しをする際、お世話になったご近所さんへ、また引っ越し先の新居のご近所さんへ挨拶をします。

会社を退社したとき

年賀状をやめるタイミングの1つとして、仕事を辞めるときが挙げられます。

他の企業への転職や定年などを理由に退職するとき、やはり今までお世話になった人への挨拶をすることでしょう。

職場の同僚や上司、取引先など勤務年数が長いほどに人数は多くなります。しかし年賀状のやり取りを今後も続けていきたいと思う方は、少数なのではないでしょうか。

そのため、これをきっかけに年賀状をやめることを伝えれば、手間をかけずにすっきりした気持ちで退職することができます。

年賀状をやめるメリット

年賀状をなんとなく続けているという方は、やめることで得られるメリットをご存知でしょうか。

年末年始ゆっくりと過ごせる

年末年始はお客さんのおもてなしの準備や飾りなど、やることが沢山あります。加えて年賀状の作成をしなければいけません。

しかし、もう年賀状を出す必要がないとなれば、単純に作業量が減るのです。今まで年賀状作成に使っていた時間をこれからは好きに使うことができます。

今までよりも楽な気分で年末年始を迎えられます。

ハガキ代や印刷コストを削減できる

年賀状を出すためには、当然ながらはがき代と、自宅でプリントする人は電気代やインク代と、手間だけでなくお金もかかります。送る相手が多いほどに毎年費用はかさみますよね。

さらに印刷は裏表両方やる必要があるため、片面が成功しても残りの片面で印刷ミスをしてしまうと新しいハガキを用意しなければなりません。

手書きの場合、印刷は必要ないですがそれでも費用はかかります。

まとめ

今回は、年賀状をやめることについて以下のことを解説してきました。

  • 自分の実生活に相手が全く関わっていない場合に限り、何も言わずにやめていい。相手に知らせてからやめる場合は全員に対し、早めに伝える
  • 口頭もしくは寒中見舞いで伝え、後者なら関係を維持したい相手には「これからも付き合いを続けたい」という意思表示が必要
  • やめるタイミングは体調の変化や引越し、退職などの大きな変化があったときがやめやすい
  • やめるメリットは、年末年始をゆっくり過ごせるようになること、コストが削減できることなどが挙げられる

年賀状をやめることで得られるメリットが大きいことがわかりました。

SNSなどの便利なサービスが普及してきた現代では、そこまで年賀状にこだわる必要はなさそうです。

しかし、よいお付き合いを続けていきたい相手に対しては、失礼にならない年賀状のやめかたを心がけておきましょう。

このカテゴリーの関連記事

すべての記事カテゴリー