お墓に関する用語一覧

永代供養(えいたいくよう)霊園・墓地の管理者がご供養や管理を永代にわたり行う供養方法のこと。永代供養とは、永代供養料を払ってしまえば、基本的にはその後は管理料などなしで、ほとんどの場合、永代供養には三十三回忌までなどと契約期間が定められており、契約期間が過ぎると他のご家族の方と一緒に合祀される。改葬許可証(かいそうきょかしょう)ご遺骨をお墓から別のところに移動させる際に必ず必要な許可証のこと。改葬許可証無しにご遺骨を墓地や納骨堂から取り出して別のお墓に埋葬することは、違法となる。カロート(かろーと)お墓の中にご遺骨を納めるための場所のこと。多くの場合はお墓の地下に設置され、拝石によって蓋がされている。納骨の際には拝石をずらすように移動させて骨壺を納める。経木塔婆(きょうぎとうば)お墓の後ろに立てる板塔婆とは違い、経木という薄い木の板で作られる塔婆のこと。板塔婆よりもサイズはかなり小さく、お経や戒名を書いて、川に流したり、水槽につけたりするので水塔婆とも呼ばれる。お寺や地域により、経木塔婆を用いるかどうか異なる。合祀(ごうし)骨壺からご遺骨を取り出し、他の方の遺骨とまとめて埋葬すること。神道での用語で、ある神社の祭神を別の神社で合わて祀ること。または、一つの神社に複数の祭神が祀られている状態のこと。竿石(さおいし)お墓の一番上にある石のこと。目印(墓標)となる石で、普通は家名が彫刻される。近年は戒名を彫刻しているお墓や、時代の流れもあって自分の好きな言葉(絆・愛など)を彫刻しているお墓も増えている。樒(しきみ しきび)シキミ属の常緑高木。仏前に供える花のため、寺院や墓地などで栽培されている。食用すると死亡する可能性があり、有毒である。性根抜き(しょうねぬき)お墓を別の場所へ移動するときや、仏壇を処分する際に行われる法要のこと。お墓への納骨時や仏壇を購入した際に、お坊さんがお性根入れをしているので、宿っている魂を一旦抜いて、ただの石に戻す必要があるため。卒塔婆(そとば)追善供養を行う際、お墓の後ろに立ててご供養を行うための板のこと。宅墓(たくぼ)室内に設置できる小型のお墓のこと。自宅に設置するもので、宅墓は手元供養・自宅供養の一種。従来のお墓と同じように墓石を用意するが、自宅に埋葬するわけではないため、墓地埋葬法による規定はなく違法性はない。魂抜き(たましいぬき)お墓や仏壇を購入した際に入れた魂を抜く儀式のこと。墓じまいや仏壇・お位牌などを処分する際に行われる。塔婆(とば)お墓の後ろに建てられている細長い木の板のことをさす。正式名称は卒塔婆。墓守(はかもり)別名 墓主お墓を継ぐ人、もしくは霊園の管理人のこと。分骨(ぶんこつ)ご遺骨を複数に分けること。ご遺骨を分けるだけで分骨を埋葬しない場合は、分骨証明書の発行は必要ないが、分骨したご遺骨を埋葬する場合には分骨証明書が必要になる。墓碑銘(ぼひめい)墓碑に彫刻された死者の経歴・業績についての短い文章のこと。
すべての記事カテゴリー