葬儀に関する用語一覧

納棺( のうかん)お通夜の前に亡くなった方の身なりを整え生前に愛用していた衣類や思い出の品などとともに棺へ納める儀式のこと。一日葬(いちにちそう)通夜を行わず、告別式と火葬を執り行う葬儀のこと。遺灰(いはい)亡くなった人を火葬にした後に残る灰状の骨のこと。火葬する温度や時間で骨、または灰になる。忌み言葉(いみことば)不吉な意味や不幸を連想するため、お悔やみの挨拶や弔辞には使用を避ける言葉。エンバーミング(えんばーみんぐ)遺体を修復処理し、殺菌消毒・防腐処理、お化粧等の処置を行うことで、長期間衛生的に保全する技法。お悔やみ(おくやみ)人の死を弔うこと。訃報を受けた際に、故人を忍んで家族を慰める言葉として、「心よりお悔やみ申し上げます」と声をかけるのが一般的です。また、葬儀に参列できない場合は、弔電や手紙などで伝えることもあります。会葬(かいそう)会葬とは主に葬儀・告別式に参列することを言います。一般に通夜に参列することは弔問と言われます。火葬(かそう)葬送の1つで、ご遺体を焼却し葬ること。火葬証明書(かそうしょうめいしょ)遺体の火葬を行ったことを証明する書類のこと。納骨をする際に、火葬許可証を紛失した場合に発行することが多く、火葬許可証に代わる提出書類として用いられる。家族葬(かぞくそう)家族などの近親者のみで執り行う葬儀のこと。忌引き(きびき)親族が死亡した際に、葬儀に出席するために会社や学校を休むこと。供花(きょうか くげ)お通夜や葬儀などで、親族や故人と親しい間柄の人が贈る、故人に供える盛り花のこと。経帷子(きょうかたびら)仏式のお葬式で故人が身につける着物のこと。死装束。献花式(けんかしき)故人に花を捧げる儀式のこと。献花式は葬儀の一部として行われることもあれば、葬儀とは別日程で献花式のみで行われる場合がある。献花台(けんかだい)亡くなった方へ花を手向け供えるための台(祭壇)のこと。香典(こうでん)仏式等の葬儀で、不祝儀用の水引を結んだ袋(香典袋)に包み故人にお供えする金品のこと。香典帳(こうでんちょう)香典を誰から・いくらいただいたのかを記入する帳簿のこと。基本的に香典を持参した本人ではなく、喪主側が記入する。香典開き(こうでんびらき)葬儀が終わった後に、いただいた香典を開けて金額を確認すること。御香料(ごこうりょう)仏教の通夜・葬儀・法要の際にお供えする金品や品物のこと。偲ぶ会(しのぶかい)近親者のみで通夜・告別式を済ませ、改めて、友人・知人・会社関係者などを招いて行う「お別れの会」のこと。
すべての記事カテゴリー