「し」で始まる用語一覧

樒(しきみ しきび)シキミ属の常緑高木。仏前に供える花のため、寺院や墓地などで栽培されている。食用すると死亡する可能性があり、有毒である。四十九日(しじゅうくにち)仏教用語のひとつで、死後から次の生を受けるまでの期間のこと。死後、故人が極楽浄土へ行けるよう7日ごとに追善供養をして冥福を祈りますが、7回目の49日は来世の行先が決まるもっとも重要な日とされている。死水(しすい しにみず)人が亡くなるとき、または亡くなったばかりの人の口に、人生最後の水を含ませること。新しい脱脂綿やガーゼを割りばしの先につけたものや、新しい筆先に水を含ませて口を潤す。一般的には遺体が病院などから自宅や葬儀場へ運ばれた先で葬儀社が用意する。七回忌(しちかいき)亡くなられた方の死後6年目にあたる命日に故人の冥福を祈り法要を行う日のこと。偲ぶ会(しのぶかい)近親者のみで通夜・告別式を済ませ、改めて、友人・知人・会社関係者などを招いて行う「お別れの会」のこと。釋(しゃく)浄土真宗において、法名に使われる文字。釋とは釈迦の文字の一部であり、この字がつくことで釈迦の弟子になるという意味がこめられている。なお、釋は釈の旧字体である。社葬(しゃそう)社長や会長などの役員や会社の発展に貢献した人が亡くなった際に、会社が主催して執り行う葬儀のこと。出棺(しゅっかん)葬祭儀礼において、斎場(火葬場)に向けて安置場所から出発すること。焼香炭(しょうこうたん)焼香・お香用の火種のことで、香炉の中に入れて利用する。自宅で法事・法要を行う際には自分で香炉を用意することがほとんどなので、その際に焼香炭は必要となる。精進落とし(しょうじんおとし)初七日法要の際に、僧侶や世話役などの関係者の労をねぎらう食事のこと。元々は、四十九日の忌明けに精進料理から通常の食事に戻す際の会食を意味していたが、現代では四十九日間精進料理を食べ続ける習慣は無くなっており、火葬後に初七日法要も併せて行われることが多いことから、葬儀後の会食のことを指すようになった。精進料理(しょうじんりょうり)肉・魚・卵を使用せず、野菜や海藻、穀類などを材料とする料理のこと。なお、「精進」とは仏道修行に励むことを指す仏教用語。祥月命日(しょうつきめいにち)儒教からきた言葉で、亡くなった月日と同じ月日のこと。また、故人が亡くなった年以降、年に一回訪れる日となり、一年目の祥月命日を一周忌という。性根抜き(しょうねぬき)お墓を別の場所へ移動するときや、仏壇を処分する際に行われる法要のこと。お墓への納骨時や仏壇を購入した際に、お坊さんがお性根入れをしているので、宿っている魂を一旦抜いて、ただの石に戻す必要があるため。信女(しんにょ)女性の戒名の下につける位号の一つ。十三回忌(じゅうさんかいき)人の死後満12年、数えて13年目の忌日です。また、その日に行う法事のことです。十三仏(じゅうさんぶつ)亡くなった後に、故人を極楽浄土へと導く13の仏・菩薩の総称。初七日から三十三回忌までの各法事を、それぞれの仏様が守護している。十七回忌(じゅうななかいき)亡くなってから満16年目に行う法要のこと。数珠(じゅず)多くの小さな珠に糸を通して輪にした法具。念仏を唱える際に使われる。準礼服(じゅんれいふく)正礼服の次に格の高い礼服。格式のある服装ではないが改まった服装のこと。成仏(じょうぶつ)煩悩がなくなり悟りを開いた状態の仏教用語。未練を残さず仏となること。また、死ぬこと。
すべての記事カテゴリー