「ま」で始まる用語一覧

枕花(まくらばな)通夜のときに、亡くなった人の枕元に飾る花のこと。遺族のほかに故人と親しい間柄であった人が贈るお花。枕花は基本的に通夜と葬儀で飾られる。枕飯(まくらめし)故人の遺体の枕元に飾る枕飾りのひとつで、茶碗すり切りいっぱいのお米を炊き、残さずお米を茶碗に盛り、その上に一膳の箸を垂直にたてた高盛り飯のことを指す。抹香(まっこう)お香のひとつであり、粉末状で褐色の香のこと。同様の棒状の香のことを線香と言います。守り刀(まもりがたな)亡くなった方を北枕で寝かし、その方の胸元や枕元に置いておく刃物のこと。亡くなった武士の胸元に刀を置いていた名残で死者の穢れを、生者に移さないために使われる。回し焼香(まわししょうこう)座った状態で香炉を手元に置き、焼香が終わったらとなりの人に香炉を回していく焼香形式のこと。自宅のような狭い会場で葬儀・告別式が行われる場合に、回し焼香の形式が採用されることが多い。曼陀羅(まんだら)仏の悟りの境地、宇宙の真理(森羅万象)を文字や絵を使って抽象的・象徴的に表現したもの。宗派により世界観や絵柄が異なる。語源はサンスクリット語の「मण्डल(mandala)」の音を漢字で表したもので、「本質を有する」という意味。満中陰(まんちゅういん)仏教における考えかたで逝去後49日間のことを指す。マントラ(まんとら)賛歌や祈りなど宗教的な意味を持つ短い単語を抽象的に表したサンスクリット語の単語。日本語では「真言」と漢訳され、密教では仏や菩薩の教えや誓いなどを秘めている呪文的な語句とされている。
すべての記事カテゴリー